サイドビジネスの税金

サイドビジネス

サイドビジネスの基礎知識

サイドビジネスの税金

サイドビジネスを行う場合、課税対象になる場合と、課税されたとしても確定申告を行うと後に還付される場合があります。

サイドビジネスを行って課税される場合は、サイドビジネスでの収入が20万円をこえるような時には、課税対象になります。たとえば、株式や金融商品の配当金や、不動産投資を含む賃貸物件などの家賃収入や駐車場の貸し出しなども、サイドビジネスに含まれ、課税対象になります。

サイドビジネスの職種に関わらず、どんな形でも副収入がある場合は確定申告を行う必要があります。しかし、サイドビジネスで収入があっても税金が還付される場合があります。

確定申告を行った後に、還付の対象となる場合は、サイドビジネスでの副収入が、所得としては金額が赤字になる場合です。サイドビジネスで、不動産投資や個人事業を起業している場合、所得が赤字になっている場合は返金されます。

また、本業がサラリーマンなどの職業の場合で、収入額が2000万円以下の場合は、サイドビジネスを行っていても、副収入の所得が20万円以下であれば確定申告を省略してしまってもよいとされています。

サイドビジネスを行ううえで、副業と税金の関係は非常に重要なポイントなので、しっかりと管理を行い、損したり罰せられることのないようにしましょう。サイドビジネスの税金対策としては、パソコンを使ってアフィリエイトなどをしている場合は、パソコンのプロバイダなどを経費として扱うことで、多少の税金対策になります。

スポンサードリンク

サイドビジネスの基礎知識
サイドビジネスとは
サイドビジネスのメリット
サイドビジネスデメリット
サイドビジネスの準備
サイドビジネスの税金
サイドビジネス:ネット系
アフィリエイト
オークション
ネットショップ
バナー貼り
メール受信
サイドビジネス:モニター系
アンケートモニター
懸賞
治験モニター
サイドビジネス:在宅系
ステッカー検査
テープ起こし
添削業務
サイドビジネス:知識・資格系
Webデザイン
翻訳
サイドビジネス:投資系
外国為替証拠金取引(FX)
株式投資
商品先物取引
不動産投資
サイドビジネス:面白い系
モーニングコール
携帯小説
自宅教室
自動販売機
サイトマッププライバシーポリシー
Copyright (C) サイドビジネスをはじめよう! All Rights Reserved